人気ブログランキング |

UFO

ニュースでアメリカ海軍が、UFOの存在を公式に認めたようなことを言っていた。
過去にアメリカ海軍機が撮影したいくつかの映像が「本物」と認定され、未確認航空現象(UAP)として分類・調査されているとのこと。
そうか。やっぱり、いるんだな・・・。

e0405122_18210818.jpg

私の世代ではUFOといえば、「謎の円盤UFO」だな。イギリスで製作されたドラマで、日本では1970年10月から半年間放送された。ちなみにUFOの発音は現在の「ユーフォー」でなくて、綴りどおりの「ユーエフオー」である。

「1980年、すでに人類は地球防衛組織「SHADO(シャドー)」を結成していた。SHADOの本部はイギリスのとある映画会社の地下深く秘密裡に作られ、沈着冷静なストレイカー最高司令官のもと、日夜謎の円盤UFOに敢然と挑戦していた」・・・というオープニングのナレーションからわかるとおり、ドラマではUFOは地球を侵略しに来る悪い宇宙人の乗り物で、地球に近づき次第、問答無用で撃破する(できるのか?)という設定になっている。

SHADOのメカニズムは人類の最高頭脳を結集して作られている。
コンピューター衛星が接近するUFOを発見し通報すると(声が星一徹)、月面基地(ムーンーベース)から迎撃ミサイルを発射して撃破、討ち漏らした奴を地球上で仕留める、というのが基本的な作戦である。

youtubeでオープニング映像などを確認できるのだが、今から半世紀前に考えられた「未来のメカニズム」がなんともいえずオカシイ。
やたらと点滅する操作パネル、テープが回転する記憶装置らしいものとか突っ込みどころが満載なのだが、一番気になるのは、女性隊員のかっこうだ。
ムーンベースには女性隊員が何人かいる。いずれもキレイなお姉さんなのだが、髪の毛は紫色でヘアスタイルも変だし、眉の下、まぶた全体を青く塗っている。銀色の制服(コスチュームというべきか)は体に密着し、スカートはかなり短い。
男性隊員は目のやり場に困らなくはないのか・・と、ついつまらん(ほんとに)心配をしてしまう。

これって服務規定とかで、決まってるんだろうか?
誰が決めたのか?
沈着冷静な最高司令官の趣味なんだろうか?

今どき女性にこういう制服やメークを強制したら、絶対アウトだな。
Commented by ian185-illust at 2019-09-22 19:56
こんばんは。
「謎の円盤UFO」をyou tubeで観ましたよ。
この番組を制作した人々に『拍手』を送りたいです。
アナログで、必死に制作している熱意が伝わってまいります。
この時代の子供たちは、夢中になって、このテレビ放送を観たことでしょう。
ストーリー内に、白バイ隊員が走りながら、電話の受話器を片手に持って、通信しているのが、素晴らしい!
nicomachusさんのブログで、楽しい番組を観ることができました。
Commented by nicomachus at 2019-09-22 21:40
こんばんは。
第一話の映像をご覧になったようですね。制作が「サンダーバード」(人形劇)と同じなので、メカの雰囲気が似ています。
この番組が作られていた10年後、人類は地球防衛組織を作って協力してUFOに対抗していたという設定ですが、未だに世界各地で紛争が続き、宗教や民族の間で争いが絶えないのは、残念ですね。
昔の人が考えていた近未来は、技術的なものはある程度実現したけど、ほんとに大事なことは一向に実現されてないなと、つい真面目なことを考えました。
by nicomachus | 2019-09-21 18:00 | イラスト | Comments(2)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30